文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム >  GIS・国土の情報 >  地理院地図 >  地理院地図 ヘルプ >  ベクトルタイルとその提供実験について

ベクトルタイルとその提供実験について

NEW 2019年7月29日に、「地理院地図Vector」(仮称)の試験公開を開始しました。(報道発表)  (パンフレット)

地理院地図Vectorを見る

目次


ベクトルタイル提供実験

国土地理院は、ベクトルタイルを従来の画像タイルとともに「地理院タイル」の一種として実験的に提供しています。

提供実験の位置づけ

国土地理院ベクトルタイル提供実験の位置づけは次のとおりです。

ベクトルタイルとは

ベクトルタイルとは、地理院タイル仕様に則ってタイル状に分割した、機械判読可能なタイルデータです。

画像タイルとの違い

ベクトルタイルを従来の画像タイルと比較すると、以下のような特徴があります。

ベクトルタイルと画像タイル

活用例

ベクトルタイルを活用することで、利用目的に応じた地図表現が可能になるなど、地理空間情報の活用の幅が広がることが期待されます。

ベクトルタイルは地図内容の機械判読が可能であり、属性値によって色や太さ等スタイルの変更が可能なことから、利用者の目的に応じて様々なスタイルの地図を簡単に作ることができます。

ベクトルタイルの描画

地理院地図Vector(仮称)提供実験 NEW

2019年7月29日に、「地理院地図Vector」(仮称)の試験公開を開始しました。(報道発表)

地理院地図Vectorを見る

試験公開の範囲

20万分1地勢図「宇都宮」「水戸」「甲府」「東京」「千葉」の範囲(縮尺によっては、その周辺も提供)。今後、順次範囲の拡大を予定しています。

動作環境

地理院地図Vectorは、以下のウェブブラウザで動作確認をしています。

Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari、Microsoft Edgeの最新バージョン

地理院地図Vectorの機能

地理院地図Vectorには、以下の機能があります。


■サイト表示画面と主な機能

地理院地図Vectorには以下の図に示す機能があります。

主な機能

■「おすすめの地図」

画面左上の「おすすめの地図」から、以下の地図をワンクリックで標示することができます。

おすすめの地図

■詳細ボタン

「詳細」ボタンから、以下の機能を利用することができます。

  1. 地物の種類や属性単位で、表示/非表示の切り替え(※)
  2. 地物の種類や属性単位で、色や太さの変更(※)
  3. デザインを複製して、新しいデザインの地図を作成
  4. 設定したデザインの保存
  5. 保存したデザインの読み込み
  6. その他の機能
    • 地図の透過率の設定
    • ラスター(画像)の地図や写真の重ね合わせ
    • 重ね合わせた地図や写真の表示/非表示の切り替え、重なり順の入れ替え
詳細ボタン

■詳細ボタンの使用例:白地図の上に「国道」のみを赤色で表示する

詳細ボタンの使用例

地理院地図Vectorの活用イメージ

白地図や、写真に地名を重ねた地図など、学校教育現場や防災分野で活用できる地図を簡単に作成できます。

活用例

■応用例 様々なパターンの白地図を作成 ~学校の授業に活用可能です~

「白地図」から特定の情報のみを表示させ、様々な白地図を作成してみます。

活用例

備考

地理院地図におけるベクトルタイル提供実験

地理院地図のベクトルタイル提供実験では以下の機能を実装しています。

技術的な詳細情報

本提供実験で提供するベクトルタイルの技術的な詳細は以下のGitHubのレポジトリをご覧ください。

問い合わせ先

地理院地図問合せフォーム

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ