文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム >  GIS・国土の情報 >  地理院地図 >  地理院地図 ヘルプ >  標高タイルの作成方法と地理院地図で表示される標高値について

標高タイルの作成方法と地理院地図で表示される標高値について

本ページでは、地理院タイル「標高タイル」の作成方法と地理院地図で表示される標高値の算出方法等について説明します。

1.元となる標高モデルデータと標高タイルの関係

標高タイルは、標高モデルデータより作成しています。元となる標高モデルデータと標高タイルの関係は表1のとおりです。
なお、元となる標高モデルデータ標高点の値は、地表面の測定値に基づいているため、構造物(建物、高架橋等)の高さを反映したものではありません。
また、地図上で水部になっている地域では、標高値がデータに入っていない場合や、正確な値が入っていない場合がありますので、ご注意ください。

表1 元となる標高モデルデータと標高タイルの関係
元となる標高モデルデータ※1 作成した標高タイル
データソース 測量方法等 標高点格子の間隔 標高精度
(標準偏差)
データID 最大ズームレベル
基盤地図情報数値標高モデル 航空レーザ測量 0.2″×0.2″
(約5m四方)
0.3m以内※2 DEM5A 15
写真測量 0.2″×0.2″
(約5m四方)
0.7m以内 DEM5B 15
1/2.5万地形図等高線※3 0.4″×0.4″
(約10m四方)
0.5m以内 DEM10B 14
地球地図全球版標高第2版 使用データ:
GMTED2010, GLCNMO(海・水部)
15″×15″
(約500m四方)
- DEMGM 8

※1 上段ほど計測精度が良い。
※2 0.3m以内という値は、地表面測定値がある標高点に限ります。
※3 写真測量によって図化された1/25,000地形図の等高線(10m間隔)から作成しています。

2.標高タイルの作成方法

標高タイルは、地図タイルと同一のタイル座標とピクセル座標を用いてデータを整備しています。 → 標高タイルの詳細仕様


標高タイルの各ピクセル座標における標高値は、以下のように算出しています。
①各データIDの最大のズームレベルの標高タイル
各データIDに対応する元となる標高モデルデータの標高点のうち、標高タイルの各ピクセルの中心位置の座標に最も近い4つの標高点の値を線形的に平滑化することにより、
標高タイルの各ピクセルの中心位置における標高値を算出しています。

②最大のズームレベルより小さいズームレベルの標高タイル
1つ大きいズームレベルの標高タイルの4点の標高値を平均して値を算出しています。

※以上より、算出値は標高モデル(やそのもととなる測定値等)とは完全には一致しません。また、地図から読み取れる標高値とも完全には一致しません。
特に局所的に起伏の激しい場所(切土・盛土)では乖離の度合いが大きくなる場合があります。
また、同一経緯度であっても、各データIDの標高タイルから得られる標高値は完全には一致しません。

3.地理院地図で表示される標高値

指定した地点において整備されている最も計測精度の良い標高タイルの、最大ズームレベルのピクセル座標における値を表示します。

ページトップへ