文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム >  GIS・国土の情報 >  地理院地図 >  地理院地図 ヘルプ >  標高タイルの詳細仕様

標高タイルの詳細仕様

このページでは、標高タイルの仕様について説明します。


地図タイルと標高タイルの関係について

標高タイルは、地図タイルと同一のタイル座標とピクセル座標を用いてデータを整備しており、データ形式としてはカンマ区切りのテキスト形式とPNG形式のファイルとなります。
また、標高タイルに格納されている値は「画素の中心位置における標高値」となります。
以上の標高タイルの特徴を地図タイルと比較すると、表1のようになります。

表1 地図タイルと標高タイルの比較
タイルの種類 地図タイル 標高タイル
テキスト形式 PNG形式
画素に入っている情報 地図の色情報 標高値(カンマ区切りで格納) 標高値(RGB値で格納)
ファイル拡張子 png又はjpg txt
(1タイル約450KB)
png
(1タイル約100KB)

地図タイルと標高タイルの例

標高タイルのデータ仕様

256ピクセル×256ピクセルの地図タイルと関連づけるために、標高タイルは以下のデータ仕様になっています。

テキスト形式の場合

例えば、http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/dem/14/14547/6463.txt(上記の標高タイル)を表示すると分かるように、 図2の地図の左上の画素(0,0)の標高は5.28m、右上の画素(255,0)の標高は0.96m、左下の画素(0,255)の標高は2.35m、右下の画素(255,255)の標高は「e」となります。

PNG形式の場合

24ビットカラーのPNG形式で、一つのタイルの大きさは256ピクセル×256ピクセルです。テキスト形式の標高タイルより、データサイズが小さいという特徴があります。
ピクセルの画素値(RGB値)から、当該ピクセル座標の標高値が算出できます。
画素値(RGB値)から算出される標高値は、テキスト形式の標高タイルの標高値と同じになります。
画素値(RGB値)から標高値h(m)の計算式は下記のとおりです。

uは標高分解能(0.01m)を表します。また、無効値(標高タイル(テキスト形式)の「e」に該当する箇所)は(R, G, B)=(128, 0, 0)です。


※PNG形式の標高タイルについては、下記の論文を参考にさせていただきました。
  PNG標高タイル -Web利用に適した標高ファイルフォーマットの考察と実装-
  (西岡芳晴・長津樹理、情報地質第26巻第4号、2015)

ページトップへ