文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム >  GIS・国土の情報 >  地理院地図 >  地理院地図 ヘルプ >  標高を求めるプログラム

標高を求めるプログラム

国土地理院では標高タイルを公開しています(地理院タイル一覧)
この標高タイルを使用すると、任意の場所の標高値を求めることができます。

クライアントサイドで経緯度から標高を求めるプログラム


サンプルプログラム
下記に緯度と経度を入力して「実行」ボタンをクリックすると、その場所の標高を求めることができます。
経度 緯度

標高:
データソース:

プログラムソース

サンプルプログラムの概要
  • 本プログラムは、入力した経緯度値から標高値を求める、クライアントサイドで動作するプログラムです。
  • 入力した経緯度値から、その場所に該当する「標高タイル」(PNG形式)をクライアントにダウンロードしてきます。
  • 入力した経緯度値に該当する「標高タイル」のピクセルの画素値(RGB値)から、標高値が算出されます。
  • 「標高タイル」には、「DEM5A」、「DEM5B」、「DEM10B」、「DEMGM」の4種類があります(本サンプルプログラムでは「DEMGM」は使用していません)。
  • 標高タイルの精度は、「DEM5A」>「DEM5B」>「DEM10B」>「DEMGM」の順に高精度になります。
  • 「DEM5A」及び「DEM5B」は、日本全国の範囲でデータが整備されていません。
  • そのため、本プログラムでは、まず「DEM5A」のデータを探して、なければ「DEM5B」、「DEM5B」もなければ「DEM10B」を使用するという処理をしています。
  • また、海部などデータが存在しないところのピクセル値は、(R,G,B)=(128,0,0)となっています。
  • 標高タイルに詳細仕様はこちらを参照してください。標高タイルの詳細仕様

サーバサイドで経緯度から標高を求めるプログラム

詳細はこちらから


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ