地理院地図パートナーネットワーク


第10回地理院地図パートナーネットワーク会議を開催します

地理院地図(https://maps.gsi.go.jp)は、国土地理院が整備した地形図や写真等を発信するウェブ地図です。地理院地図で閲覧可能なデータ(地理院タイル)は、地理院コンテンツ利用規約に基づきオープンデータとして提供しており、地理院地図以外の様々なシステムやアプリケーションでも利用いただいております。地理院タイルをはじめとする地理空間情報の活用におけるオープンイノベーションを目指し、地理院タイルの利活用について情報共有・意見交換を行う「第10回地理院地図パートナーネットワーク会議」を以下のとおりG空間EXPO2018(公式サイト) 内で開催します。

  • 日時:平成30年11月15日(木)10:30~12:00、13:30~17:00(10:00開場)
  • 場所:日本科学未来館 7F コンファレンスルーム土星(交通案内(日本科学未来館公式サイト)
    (東京都江東区青海2-3-6)
  • 構成:○午前の部 「防災に役立つ地理院地図の機能やコンテンツの紹介」(これから利用される方も参加できます!)
     行政や企業などで防災対策の企画・立案を担当されている方や身の回りの災害リスクにご関心のある一般の方、地理院地図について詳しく知りたい方向けに、防災で役立つ地理院地図の機能やコンテンツについて使い方の説明・質疑応答を行います。
  • ○午後の部(これまでの地理院地図パートナーネットワーク会議でも行っていた技術者向けのプログラム)
     ① 国土地理院、地方公共団体及び教育機関からの情報提供
     ② 地理院地図パートナーからの地理院タイルの利用事例紹介
     地理院タイル等のウェブ地図データに関する国土地理院の最近の取組を紹介するとともに、地理院地図や地理院タイルを活用されている地方公共団体・教育機関・技術者の方々から活用事例を紹介いただきます。

※プログラムの詳細は下記をご覧ください。

どなたでもお楽しみいただける内容となっておりますので、ぜひ会場までお越しください。参加を希望される方は、下記のとおりメールでお申込みください。

<インターネットライブ配信(事前登録不要)>

当日の会議の模様は、以下のURLでライブ配信いたします。事前登録不要でどなたでもご覧いただけますので、会場での参加が難しい方は、ぜひご利用ください。

ライブ配信ページ(*外部サイト(YouTube)に飛びます。)

https://youtu.be/t_5abBmsPWc

※Internet Explorerではご覧になれません。ChromeやFirefox、Safari等でご覧ください。

当日は会議の内容についてインターネット上で質疑を受け付けます。質疑受付用URLは上記のライブ配信ページに掲載いたします(ご来場の方には会場でご案内いたします)。投稿いただいた質疑は、会議で質疑応答の時間に取り上げさせていただく予定です。

<参加申込み(事前登録制)>

どなたでも無料で参加いただけます。

会場での参加を希望される方は、
・氏名
・所属
・連絡先メールアドレス
・参加を希望するプログラム(「午前の部」・「午後の部」のいずれかで申込み。両方申込みも可)を、以下の申込先メールアドレス宛てにご連絡ください


申込先メールアドレス:ccpn@omc.co.jp
(地理院地図パートナーネットワーク事務局(株式会社オーエムシー))


注1)登録は先着順で、定員になり次第、締め切らせていただきます。定員に満たなかった場合は、当日登録なしでの参加も可能です。
注2)「午前の部」では、実際に地理院地図をお手元で操作してみていただけるよう地理院地図の操作画面をお見せしながら機能やコンテンツ等の説明をする予定です。また、会議全体を通して、質疑応答で取り上げる質問の受付に、sli.do(https://www.sli.do/)を利用する予定です(sli.doの使い方は各部冒頭の事務連絡で説明いたします)。そのため、パソコン・スマートフォン等のウェブを閲覧できるモバイル端末をお持ちの方は持参いただけると幸いです。
ただし、参加者に提供可能な電源及びインターネット環境は用意しておりませんので、あらかじめご了承ください。なお、質疑応答では、sli.doで投稿いただいた質問だけでなく、会場からも質問を募ります。
注3)発表資料については、事前に本ウェブサイトに掲載し、当日の紙配布は行いませんので、発表資料の閲覧は必要に応じてご自身のパソコン・スマートフォン等をご利用いただくか、事前にご自身で印刷してご準備いただければと思います。

午前の部 防災に役立つ地理院地図の機能やコンテンツの紹介
プログラム 講演者(敬称略)
10:30~10:35 事務連絡  
10:35~10:40 開会の挨拶(午前の部) 国土地理院地理空間情報部長
下山 泰志
10:40~11:40 防災に役立つ地理院地図の機能やコンテンツの紹介(初心者歓迎!) 国土地理院情報普及課長
佐藤 壮紀
11:40~12:00 質疑応答  

午後の部① 国土地理院、地方公共団体及び教育機関からの情報提供(技術者向け)
プログラム 講演者(敬称略)
13:30~13:35 事務連絡  
13:35~13:40 開会の挨拶(午後の部) 国土地理院地理空間情報部長
下山 泰志
13:40~13:55 地理院地図に関する話題(PDF形式 2.4MB)
(国連地理空間情報課・藤村英範専門家提供の国連ベクトルタイルツールキット紹介資料の説明を含む。)
国土地理院情報普及課長
佐藤 壮紀
13:55~14:05 国土交通省ハザードマップポータルサイトから配信される災害リスク情報について(PDF形式 2.1MB) 国土地理院地理情報処理課防災地理情報係長
吉松 直貴
14:05~14:25 会津若松市における住基空間情報を活用した行政課題解決への挑戦(PDF形式 38.6MB) 会津若松市企画政策部企画調整課庁舎整備室副主幹
伊藤 文徳
14:25~14:45 2022年
高等学校「地理」必修化で変わる空間情報教育
「地理院地図」や GIS リテラシーの教育現場で対応
慶應義塾普通部教諭
太田 弘
14:45~15:10 質疑応答・意見交換  
15:10~15:20 休憩  
午後の部② 地理院地図パートナーからの地理院タイルの利用事例紹介(技術者向け)
15:20~15:35 パートナーからの事例紹介①
OSGeo財団日本支部による国連ベクトルタイルツールキット普及の取り組み(PDF形式 2.2MB)
OSGeo財団日本支部
岩崎 亘典
15:35~15:50 パートナーからの事例紹介②
20万分の1日本シームレス地質図V2新表示システム(PDF形式 33.7MB)
産業技術総合研究所
西岡 芳晴
15:50~16:05 パートナーからの事例紹介③
地理院タイルを利用したハザードマップの紹介(PDF形式 3.2MB)
北海道地図株式会社
石崎 一隆
16:05~16:20 質疑応答・意見交換  
16:20~16:25 閉会挨拶 国土地理院情報普及課長
佐藤 壮紀
16:25~17:00 フリータイム(参加者同士の交流等)  
※プログラムは変更になる場合があります。ご了承ください。
※会議開催前に発表資料を掲載予定です。当日の紙配布は行いませんので、発表資料の閲覧は必要に応じてご自身のパソコン・スマートフォン等をご利用いただくか、事前にご自身で印刷してご来場いただければと思います。

地理院地図パートナーネットワークは、「地理空間情報活用のオープンイノベーションを目指す情報共有・意見交換の場」です。 地理院タイルをはじめとする地理空間情報の活用推進のため、国土地理院、受託開発者、ツール提供者が参加するネットワークを 構築し、情報共有・意見交換を実施しています。

<パートナーリスト>
 100の受託開発者と、69のツール提供者が「地理院地図パートナー」に参加されています(平成30年10月22日現在)。
<作成いただいた応募様式の提出方法>

 地理院地図パートナーネットワーク事務局( ccpn@omc.co.jp )まで、応募様式1と応募様式2をメールで送付してください。
 提出は、Excel形式およびPowerPoint形式でお願いします。