国土地理院ホームへ 地理院地図トップへ 立体地図トップへ FAQ

地理院地図の3D機能説明

 「地理院地図」の「3D」機能は、好きな場所、範囲の地理院地図を、標高モデルを使ってWebブラウザ上で3次元表示するための機能です。
 3Dプリンタ用データのダウンロードもできます。

  1. 地理院地図で見たい場所を選定
  2. 表示したい場所を、地図をスクロール、拡大/縮小して決めます。

    地理院地図画面

    表示する情報を選択するため、左上の「情報」アイコンをクリックします。

    地理院地図情報ボタン

    タブ、レイヤの中から表示する情報を選択します。
    (下は「簡易空中写真」を選択した例)

    地理院地図簡易空中写真
  3. 3D表示範囲を選択
  4. 右上の「機能」アイコンをクリックし、「3D」をクリックします。

    3D表示する範囲を以下の3つから選び、クリックします。

    地理院地図3D

    「カスタム」について ※「カスタム」クリック後のズームレベルの変更は出来ません。

    3D表示する範囲枠の四隅をそれぞれ移動して拡大・縮小します。

    3D表示する範囲の中心の矢印ボタンをドラッグして移動します。

    指定した範囲の左上緯度経度、右下緯度経度、表示される大きさが「3D範囲を選択」ウィンドウに表示されます。

    「OK」ボタンをクリックすると、3D表示を開始します。

    地理院地図3D
  5. 3Dで表示
  6. 「大」又は「小」の場合、立体地図を正方形で作成するため、表示されている地図の範囲より少し大きい領域が作成されます。

    「カスタム」の場合、選択した範囲の長辺が15cmになるよう立体地図を作成します。

    PCやネットワークの環境にもよりますが数秒~十数秒後に3Dモデルが表示されます。

    新しいウィンドウで立体地図が表示されました。

    地理院地図3D

    地理院地図に高さ情報を持ったKMLをドラッグ&ドロップすると3D表示できます。

    その場合、「表面を透過」チェックが表示され、ONにすると表面が透過します。

    ただし、3Dプリンタ用データ(STL、VRML)には高さを持ったデータの情報は反映されません。

    地理院地図3D
  7. 3Dモデルの操作
  8. 1) マウスで見る視点を操作することができます。

    2) 下のスライドバーまたはテキストボックスで、高さ方向の強調度を調整することができます。

    地理院地図3D高さ強調の設定

    下は、高さ方向の倍率を「2」倍にしたものです。

    高さ方向の倍率を2倍にした3D地図

    3) アドレスバーに表示されるURLで、立体地図が再現できます。(メール、ツイッター、ブログなどにお使い頂けます。)

    地理院地図3DのURL
  9. 3Dデータをダウンロードする
  10. 下方に「ダウンロード」ボタンが並んでいます。それぞれボタンを押すとダウンロードのための別画面が開きます。

    ダウンロード可能なファイルは「STLファイル、VRMLファイル、WebGL用ファイル」です。

    地理院地図3Dダウンロード
  11. おまけ
  12. 「VRML」や「WebGL」を選択してダウンロードできるファイルのうち「texture.png」は通常の画像ファイルです。

    ペイントなどの描画ソフトで開き、線や文字を書き込んでオリジナル立体図を作ることもできます。

    サンプル

    また、「地理院地図」の「作図」機能を利用すると、登山ルートなどを入れた立体地図や立体模型を作ることができます。

    地理院地図作図機能

    下は「線を追加」で、手で描画した例。(「ファイルから読み込み」で、KML、GeoJSONまたはTopoJSONを読み込むこともできます。)

    地理院地図作図線の描画

    「作図」パネルを閉じ、右上の「機能」アイコンをクリックし、「3D」を選択します。

    地理院地図3D

    作図機能で書き込んだ線や図形、記号は、背景地図とともにテクスチャ画像としてPNGファイル(texture.png)でダウンロードできます。

    なお、「ファイルから読み込み」で高さ情報を持ったKMLファイルを読み込んだ場合、その情報はHTMLファイル(index.html)に保存されます。

立体地図トップに戻る

国土地理院 (C) 2014-2017 Geospatial Information Authority of Japan. All rights reserved.